沈阳旅游

沈阳到镜泊湖旅游

旅行業界データ分析のスペシャリストADARA。旅行者の行動シグナルを読み解くそのビジネスモデルとは?同社チーフ・マーケティング・オフィサー(CMO)のキャロライン・コーダ氏に聞いてみた。

沈阳到镜泊湖旅游

OTAアゴダのジョン・ロートン・ブラウンCEOが今年のWiTシンガポール2019で語った新しい取り組みとは? WiT創設者イェオ・シュウ・フーン氏とのインタビューで、もっと安く泊まれる方法から「型破りな」をパートナーシップまで話した。

沈阳冲绳旅游

WiT (Web in Travel)は、10月15日に開催されたWiTシンガポール2019で、デジタルトラベルの発展に貢献した企業家6人の殿堂入りを発表。日本からはベンチャーリパブリックCEOの柴田氏も選ばれた。

沈阳旅游时间

今年のWiT Japan 2019には広域連携DMOの沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)誘客事業部海外プロモーション課課長の平川美由紀氏も参加。単独インタビューで沖縄県が目指す「世界水準の観光リゾート地」に向けた取り組みや課題を聞いた。

ANAが取り組む「顧客に軸を置いたデータマーケティング」、会員への取組みから目指す完成形まで聞いてきた

全日空グループが推進する「顧客に軸を置いたデータマーケティング」とは? その実行部隊「ANA X」のデータドリブン・マーケティング・グループ永山裕氏に話を聞いた。

シートリップ傘下「Trip.com」の戦略を副社長に聞いてきた、目標は「旅をワンストップ予約」、重視するのは「スペシャライズ」

中国シートリップがグローバルに展開するOTA「Trip.com」。来日した同社プロダクト&マーケティング担当副社長のリン・クー氏に、同社の戦略について、ローカルとグローバルという視点から聞いてみた。

タビナカの過去・現在・未来の姿とは? 市場を牽引する「ベルトラ」「クルック」2社リーダーの討論を聞いてきた

タビナカ市場をけん引してきたベルトラ取締役ロッド・カスバート氏とクルック(Klook)最高執行責任者のウィルフレッド・ファン氏が業界の現状と将来の展望、課題について議論。Wit2019のセッションを採録。

タビナカ市場で起きている成長と変化を聞いてきた、タビナカ国際会議「アライバル」CEOが語った大きなチャンスとは?

今年のWiT Japan 2019には、タビナカの国際会議を主催する「Arival (アライバル)」のCEOダグラス・クインビー氏も登壇。個別インタビューでは、タビナカ市場で今何が起きているのか、直面する課題は何か、示唆に富んだ話を聞いた。

JR東日本のMaaS戦略とは? 鉄道のオンライン化は正念場、チケット販売の未来から新たな観光需要の創出まで担当者に聞いてきた

東日本旅客鉄道(JR東日本)でMaaS事業も担当する鉄道事業本部営業部観光流動推進グループリーダーに、今後のJR東日本のオンライン販売から駅や店舗のあり方、MaaS戦略まで聞いてきた。

ピーチ井上CEOが語った「デジタル・リテーラー」のカタチとは? バニラエア統合後に見据える未来への戦略を聞いてきた

バニラエアとの統合完了を2019年末に控えるLCCピーチ・アビエーション。同社代表の井上慎一氏が、来年度の東南アジア路線進出を控え、“アジアの懸け橋(bridging Asia)”を目指す戦略について語った。

WiT JAPAN2019、起業家プレゼン最優秀賞はミャンマー市場特化のOTA「Flymya」

「WiT JAPAN2019」で恒例のスタートアップピッチ最優秀が決定。2019年は新興市場ミャンマーに特化したOTA「Flymya」(シンガポール)に。

WiT Japan 2019が開幕、日本の「オンライン旅行の最新分析」から「国内OTAリーダーの議論」まで取材した

旅行×テクノロジーの国際会議「WiT Japan2019」が今年も開催。今年から1.5日に拡大したメインカンファレンスの初日で語られた、日本のオンライン旅行市場の実態とは?

WiT Japan 2019、起業家コンテストの最終審査に進む3社決定、ニッチ市場に特化が進む傾向に

「WiT Japan & North Asia2019」初日の2019年7月4日、恒例の旅行系スタートアップ・コンペティションが開催。今年は11か国から30社以上がエントリー。

旅行・観光トレンド最前線の国際カンファレンス「WiT Japan 2019」、今年の見どころは? 7月開催の中身を詳しく聞いてきた

テクノロジーと旅行・観光の国際会議「WiT JAPAN& NORTH ASIA 2019」が、2019年7月4日・5日の2日間、東京で開催。その見どころを、実行委員長の柴田啓氏、副実行委員長の浅生亜也氏に聞いた。

テクノロジー×旅行の国際会議「WiT JAPAN」、今年の起業家コンテスト登壇者が決定、最終選考で10社を選考

2019年7月4日、今年もオンライン旅行の国際会議「WiT JAPAN 2019」が開催される。毎年注目のスタートアップピッチの登壇者リストを公開。日本からは3社が参加予定。

テクノロジー×旅行の国際会議「WiT JAPAN」、今年の登壇者リストを発表【読者割引あり】

オンライン旅行の国際会議「WiT JAPAN 2019」が7月4日と5日の2日間にわたって開催される。WiT Japan実行委員会が、このほど登壇者リスト公開。トラベルボイス読者向け割引コードも提供。

オンライン旅行の国際会議「WiT JAPAN 2019」、スタートアップのコンテスト募集を開始、過去の優勝者はアジア発ユニコーンの「Klook」など

オンライン旅行の国際会議「WiT JAPAN 2019」で恒例のスタートアップピッチコンテストの参加者の募集が開始。過去にはアジア発ユニコーンのKlookが優勝するなど、テック系旅行サービス起業家の登竜門に。

テクノロジー×旅行の国際会議「WiT JAPAN 2019」参加登録を開始、今年はメインカンファレンスを1日半に拡大

オンライン旅行の国際会議「WiT JAPAN 2019」の開催日が決定。今年は両日ともウェスティン東京で開催し、メインカンファレンスを1日半に拡張。

世界の旅行デジタル市場、存在感を増す「アジア発」、これから「スーパーアプリ」の時代到来へ【コラム】

オンライントラベルの次の潮流は何か。フォロワー数は900万人をこえたLINEトラベルjpを運営するベンチャーリパブリックの柴田啓氏が海外カンファレンスから如実に感じた次の潮流を分析。思わぬ変化が浮き彫りに。